スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
キセル対談②~アナログ発売編~
: あのですね、急ですけど新譜をだします!
: そうです!
角張: そうです!
: なんと10インチで、アナログでございます。
: キセル史上初アナログでございます。
角張: そうです!
: ?角張君おるねんな?
: そうやで。今回も角張と対談形式やで。
角張: そうです!

: アナログだすの、憧れてたから嬉しいやんな~。
: そうやなぁ。
角張: カクバリズムはアナログを全部のアーティストに出してもらっているんですよ。アナログ好きで。
: そうゆう所、ええな~。

角張: じゃあ、少し質問形式にして、対談ぽくいきましょう!今回収録される曲を教えてくださいな。
: 新曲で、「春の背中」という曲がA面で、「夢のいくら」のライブアレンジver(ライブ録音では
ないよ)をB面です。
: 「夢のいくら」はいくらが輝いている感じですかね。
: なんやそれ。HIP HOP風やで
角張: 笑。最近のライブで披露しているバージョンですよね。非常にダンサブルで素晴らしいっす~!
: 新曲の「春の背中」もわりとHIP HOPやで(笑)。
: HIP HOPやね。
角張: 笑。いや、これまた素晴らしい新曲ですから、ちゃんと説明しましょうよ!

: 今回のRECは新方式で、キセル宅録発のエマーソン北村宅経由内田直之MIXの作品なんす。
これまた自分でいうのもなんですが、めっちゃいい感じなんす。
: 内田さんのMIXで、めちゃめちゃ奥行きが加わって、エマーソン北村さんのキーボードも加わって、なんだか自分らの録音の幅の凄く広がって、すこぶる楽しかったっす。
角張: 「春の背中」は、アナログ向きだし、歌詞も凄く良くて。イントロのリフから本当に最高なんすね。
だからこそ、アナログで聞いてほしいんですよね。
: ええこというな~。

角張: そんなアナログは6月26日の渋谷クラブクアトロでお披露目!
: 限定やで!
: この日に先行販売ってかんじやんな。
角張:そうっすね。限定ですが、いろいろなレコード店でも販売させてもらいますよ~。
: ライブ会場限定ってわけではないから、安心してくださいね。
: HP通販もできるといいんじゃない?
角張: そうっすね~!やりましょう!※詳しくはカクバリズムHPへ。
: アナログは聞けない人多いかもしれへんけど、これを機会にプレーヤーを購入して聞いてください!
: 案外、安いもんやで。
角張: そうですね、1万円あれば買えますね。
: 温かい音で聞けるので、昨今のMP3な耳には新鮮なはずやで!
: ええこというな~。

角張: さて、みんな待っているアルバムの話をしましょうよ!
: アルバム、曲はアルバム分作り終えていて。でも、久しぶりにだすから、しぼって制作したくて。気合い入ってます。
角張: ライブでも大好評の「手紙」とかも入りますか?
: もちろんです!
: アルバムは以前よりもカラフルな内容になるかなと思っていて、ライブでちょこちょこやっているので、見に来てくれたらなと思います。
: それこそ、6月26日のライブで新曲をけっこうやります。
: うん。いいの作っているので、発売時期は年内って感じです。
角張: 僕は出来上がった曲を聞かせてもらっているんですけど、本当に新曲どれも最高で!だからこそ、一足先にアナログで聞いてもらいたいんですよね。しばしお待ちください。

: ライブ、楽しみやわ。
: なんか新しいグッズ作りたいね。
角張: カクバリズムSTUFFの道家さんがCARAVANさんのグッズが豊富だったって言っていたので、僕らも沢山作りましょうよ(笑)。化粧ポーチとかもあったみたいですよ。トートとか。
兄&弟: はぁ~。凄いなぁ。
角張: キセルだけに、「携帯灰皿」どうすか?
兄&弟: いい!
角張: 笑。やった!つくりましょ~~!
: 新しいT-SHIRTSももちろん作りたいね。
: CARAVAN君はいい男やったわ~。
弟&角張: ほんまっす(笑)。
: また共演したいっす~!

兄&弟: ライブ、色々あるし、アナログもでるし、アルバムも順調にいっているので、是非ライブにきてください。よろしくお願いします。
kicell_good03.jpg
KAKUBARHYTHM6月・キセルとグッドラックヘイワ(+ボルボ)at渋谷クラブクアトロのチラシ。
青春でええな~。兄さん石像風!キセルの似顔絵はやっぱりほお骨がポイントやねんな~。

スポンサーサイト
【2007/05/21 01:54】 | カクバリズム | トラックバック(0) | page top↑
キセル×角張社長対談「もう冬ですね。」
兄 「冬ですね。」
弟 「そうやな」
角張「そうですねぇ」

兄 「あれ?角張社長おるやんか?」
弟 「そうやで、カクバリズムの角張君やで」
角張「どうもー」
兄 「(笑)。元気やな~。」

弟 「じゃあなんで角張君と一緒にいるかって事ですよ。」
兄 「実はね、キセルでこのたびカクバリズムに就職しました(笑)」
弟 「就職って。ほんまに就職だとおもってまうで。」

兄 「そやな。CD、レコードをね、
   カクバリズムから出さしてもらう事になったのです」
弟 「そうです!」
角張「ありがとうございます!
   ずっと前から好きだったので、大変嬉しいです!」

弟 「じゃあ角張君との出会いをね、話しましょうよ。どこからすかね?」
角張「あれですよ、あれ。居酒屋です(笑)。」
兄 「居酒屋やね。普通に飲んでいて、
   そんなに話す人がいなくて、角張君が隣に急にきて。」
角張「一年ちょい前くらいですよね」

兄 「居酒屋で急に印税率とか出版について勢いよく話だして。」
角張「(笑)。いや~話すの嬉しくて。なにいってんでしょうね。
   若輩ものがね。」

弟 「で、アナログをだしている!って聞いて」
兄 「アナログいいなぁって思っていて。
   角張君もレコードだしましょうよとか言っていて」
角張「その場で電話番号交換して。」

弟 「そこから、まぁ色々あって。その後もライブによく来てくれて。
   色々話して。」
兄 「あの時はいろんな会場でライブしていた時だよね。
   角張君もちょうど海とか行きたい時期で(笑)」
角張「笑。そうですね、葉山とか行ってましたもんね(笑)。
   浜辺とかで夕暮れ見てましたよ、ライブ前に(笑)」

弟 「そうそう、1月のSAKEROCKと角張君企画の渋谷クアトロに
   キセルを呼んでもらって、僕は初めてあって。
   その日は角張君いろいろあって大変そうで(笑)。
   打ち上げで株の話していて。」
角張「それも酷い(笑)。金の亡者みたいだね。」

弟 「今は恋話が尽きない(笑)。そんなレーベルだから、好き(笑)。
   若返った気がする」
兄 「おまえ、若いやん。真面目に話しますと角張君がやっている
   カクバリズムってのはYOUR SONG IS GOODSAKEROCKなどが
   所属しているレーベル兼マネージメント事務所ってやつでね。
   かなり熱心で面白い音楽レーベルなわけですよ。
   本当にセンス良いし、リリースの感じとかレコードだしている感じも
   そうやけど、雰囲気が凄く楽しそうでええやんな。」
弟 「うん、うん」
兄 「で、角張君から僕と一緒に色々面白い事やっていきましょうって
   声かけてもらって。頻繁にお茶や飲みやお好み焼きにいったりして。
   音楽の話や恋愛の話なんか普通にして、「あ、風通しが良い所」
   なんやな~って感じて。
   一緒になにかやれたらええなって思ったわけですよ。」

弟 「恋愛の話オモロいしな(笑)。うん、角張君楽しいねん。」
角張「笑。恥ずかしいなぁ~(嬉しそう)。
   僕は前から好きだったというのもありますけど、なんというか
   二人の空気感とか凄く好きなんです。
   で、なにか僕が力になれることないかな?って出会ってから勝手に
   考えていて。色々考えれば、考えるほど「心中覚悟で行こうぜ!」って
   風になって。じゃあ入り口から出口まで一緒にと思って。
   なにか色々面白くなりそうで、楽しみで仕方がないって思います。
   ありがたいっす!」


兄 「と、いうわけで、心機一転カクバリズムでがんばっていこうかなと
   思ってますよって事です」
弟 「もうしめるの?」
角張「早いですよ、なんか色々今後の話とかもしましょうよ。」
弟 「やっぱ新曲ですよ」
角張「早く聞きたい!」
兄 「この間渋谷の喫煙所でタバコすっていたら、男の子に「新譜楽しみ
   にしてます」って急に言われて。めっちゃ恥ずかしかったすよ。
   でもありがたいっす」
弟 「そうやな。なんか来年の頭にはライブ限定なかんじでもいいから
   出したいよね」

角張「ね!来年1月、2月となにげに全国各地色々ライブで
   いきますもんね。」
弟 「8カ所くらいあるねん」
兄 「ほんと?」
角張「えっとね、名古屋、福岡、岡山、仙台、盛岡、京都、大阪とかと
   かですよ」
兄 「ええなぁ」

弟 「東京も、もちろんやりますよ。
   で、名古屋、福岡は高田漣さんといくしな。
   岡山、仙台、盛岡はSAKEROCKに誘ってもらって。
   京都、大阪、東京は僕らでって感じ。」
兄 「ええなぁ。楽しそうやね。」
角張「そうです!仙台は僕の実家に泊まりますよ!」
弟 「楽しみー。」
兄 「社会見学したいなぁ。産廃処理場(角張の実家は産廃業者である)」
角張「(笑)。8カ所色々いきますからね、音源作ってツアーに
   持って行ったら最高ですよ!つくりましょうよ~」
兄 「おいっす。おいっす。」
弟 「間に合わせたいなぁ。ツアー名も考えようや」
兄 「う~ん、’’お邪魔しますツアー’’はどう?
弟 「''おじゃましますツアー''ええなぁ。いろんなバンド
   のツアーに呼ばれているわけだし、
   カクバリズムにもおじゃましますだし、来年のライブ初めやしね。」
角張「それで、決定!やりまひょ!楽しみ~!!!」


決まりや!おじゃましまーす。




☆カクバリズム移籍第一弾ツアー決定!

キセルの2007年ライブ初め!
~お邪魔しますツアー~
新年早々、あなたの街にキセルがやってくる!
なんだか2007年は楽しそうな予感!

1月13日@名古屋 K.D JAPON  →1月LIVE情報
1月14日@福岡百年蔵     →1月LIVE情報
1月26日@岡山ルネスホール  →SAKEROCKツアーに参加
2月3日@仙台PARK SQUARE   →SAKEROCKツアーに参加 
2月4日@盛岡十一代目源三屋  →SAKEROCKツアーに参加

2月8日@大阪シャングリラ
2月10日@京都磔磔
2月17日@東京 代官山UNIT

※東京・大阪・京都
詳細は近日中キセル最新情報Blogにてアップします。
【2006/12/01 00:04】 | カクバリズム | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。